囚人より厳しい!?ボートレーサー養成学校のスパルタ教育と過剰な叱責の内情とは?

訓練が厳しすぎると度々話題に

旧やまと学校、一般財団法人「日本モーターボート競走会」が運営する国内唯一の競艇選手養

成校はボートレーサーになるため訓練生が監獄の中の囚人よりも厳しい地獄のような訓練を受

けています。

指導体制が古いという声も

やや古い指導方法なのではないのかと度々メディアで話題になっています。

時代が変わって体罰禁止を始め教育にも色々と制約が増えましたので、昔式の教育方は否定さ

れる時代です。

体罰が今も存在している

成績が悪い、規律を守れない訓練生には過剰なまでの怒号を浴びせられたり、体罰として厳し

いトレーニングメニューを課せられたりします

何のために厳しくしているのか

教官いわく「人命に関わる職業なので厳しく指導せています」とのことです。

過去には女性訓練生が模擬レースによって事故死したこともあります。

真冬の水に予期せず落水することや、一瞬の判断ミスで自分も相手も危険にさらすおそれがあ

る競技ですので、命を預かる教官は選手以上に真剣に指導しなければならないということなの

でしょう。

校内いじめがあったことも

訓練生が同期生に外傷を負わされ警察に被害届を提出したこともあります

「校内ではいじめや暴力が蔓延している」とする男性の証言が記載され、校内いじめがあるこ

とが露見しました。

教官はレーサーの落ちこぼれというのは本当?

教官はボートレーサーとほとんど同じ訓練を受けるがそもそも最初から養成コースのルートが

違います。

教官は、選手と同じように、厳しい訓練を受けて、選ばれた人間しかなれないのでレーサーに

なれなかったからと言う理由だけでなるにはかなり厳しいでしょう。

なぜ競艇学校はマスコミに度々騒がれるのか?

競艇学校は狭い世界であり、日本にはたったひとつしか存在しません。また、競技において不

正があっては不味いですし、あまりメディアが深くは介入できない場所です。

どんな事を学んでいるかが不透明な分、つまりメディアが想像だけで言いたい放題言えるから

というのもあるでしょう。

[PR]




オススメ競艇予想サイト

【!新着!】オススメ競艇予想サイト

「ドリームボート」
ドリームボート

勝ち続ける人が使う情報!安心の的中保証の情報サイトです!

高額回収金額209万8980円の的中実績確認済み!

・24会場全ての情報筋からの厚い情報買い付け
・情報制度を高める仕組み

当社提供情報による資産形成目標資産達成率82.7%

↓↓今すぐチェック↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする