元埼玉西武ライオンズ 野田 昇吾さんがボートレーサー養成所に入所! ~プロ野球界からボートレース界への転身~

埼玉西武ライオンズで、投手として活躍した野田 昇吾(のだ しょうご)さんが、第131期ボートレーサー試験に合格し、今年10月にボートレーサー養成所(福岡県柳川市)に入所します。
野田さんは、鹿児島実業高校在学時に甲子園に出場、社会人野球を経てドラフト3位で埼玉西武ライオンズに入団し、侍JAPANとして日本代表に選出されるなど、中継ぎ投手として活躍したものの昨年12月、ファンに惜しまれながら現役を引退しました。
しかし、引退後もプロスポーツに携わりたいとの意思もあったことから、このたび第131期ボートレーサー試験を受験し、特別試験枠で見事合格しました。特別試験は第106期から導入され、世界レベル・国内トップクラスの活動実績を持つアスリートを対象とした試験で、これまでに20名が合格しています。
野田さんは、ボートレーサー養成所において、今年10月から1年間に亘る養成訓練を受け、修了できれば、2022年11月に晴れてプロのボートレーサーとしてデビューします。
なお、プロ野球選手からボートレーサーになった事例は、登録第757号 早瀬 薫平(はやせ くんぺい)元選手以来、69年ぶり2例目となります。
※早瀬元選手は、1947年に阪急ブレーブス入団、当時の登録名は早瀬 猛(はやせ たけし)、1953年に選手登録し、その後、早瀬 薫平(はやせ くんぺい)に改名

※競艇場のデータやレース情報はボートレース公式サイトから引用掲載しています。
引用元:© BOAT RACE https://www.boatrace.jp/
※掲載情報が古くなっている可能性があります。詳細は公式をご確認下さい。

【2023年2月】おすすめ競艇予想サイト

競艇エキスパート(Expert)

LINE友だち追加で始める!(外部サイトへ移動します)

この競艇予想サイトを見る

シェアする